テレビ

鎌倉殿の13人のスタッフ映り込みはどこ?カメラマン登場の画像・動画を公開!放送事故はなぜ起こった?

平安末期~鎌倉時代の動乱を描くNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

小栗旬さんが主演で大人気ですよね。

そんな中、3月13日に放送された第10回「根拠なき自信」でスタッフの映り込みがあったことがわかり話題となっています。

そんなことってあるの?!という感じですが、事実のようです。

今回の記事では、

  • スタッフの映り込みはどの場面?
  • 写り込みシーンの画像
  • 放送事故の動画

という内容で調べてみました。

スポンサーリンク

Contents

NHK大河ドラマでのミスを謝罪

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の公式ツイッターが18日、13日に放送した第10回「根拠なき自信」の中で、スタッフの映り込みがあったとして謝罪しました。

総合で放送する19日の再放送(午後1時10分)では修正するということです。

昔はこのような放送事故はよくありましたが、最近ではめずらしいですよね。

この報道を受け、視聴者からは、

どこのシーンだ?

スタッフのどんな映り込みがあったの?

なぜ放送前にスタッフが気付けなかったの?

と気になる声が殺到しています。

何処のシーンなのか、何が映り込んでしまったのか、確認してみました。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人のスタッフ映り込みはどこ?

 映り込みがあったのは、

2022年3月13日放送の第10話「根拠なき自信」のワンシーン

でした。

り詳しく調べてみると、第10回の20分32秒27あたりの合戦シーンでスタッフが映り込んでいるようです。

上総広常(佐藤浩市さん)が佐竹義政(平田弘明)を切り殺し、それを合図に北条義時(小栗旬さん)ら源頼朝軍が佐竹軍に突入する場面です。

スポンサーリンク

カメラマン登場の画像・動画を公開!

義時が先陣を切って駆け込む際、

義時の後ろに一瞬だけ白いもの

が映りこんでいました。

普通にみていたら気づかないレベルでしたが、コマ送りにして見ると、そこにはカメラらしきものを構えたマスク姿の男性が映っていたのです。

問題のシーンを拡大してみましょう。↓

マスクをしたカメラマンがばっちりうつってしまっていますね…。

これは衝撃のワンシーンです!!

それにしても普通にみていてこのシーンに気づくなんて、相当熱心に見ている人がいるということですね。

今回の映り込みは放送事故だったわけですが、批判がたくさんでているわけではなく、面白がっている人のほうが多いようですね。

真剣に撮影していても、ミスは人間ですから誰にでもあること。

大河ファン、NHKをよく見ている方たちは、放送事故も楽しんでみているのかもしれません。

スポンサーリンク

 

鎌倉殿の13人のスタッフ映り込み放送事故はなぜ起こった?

今回の放送事故の実際の画像動画について調べてみました。

「歴史好きYouTuber」のミスター武士道さんが、ツイッターでこのシーンを取り上げ話題になりました。